ねぇジョニー聞いてくれ

2歳と4歳男子の育児の記録。時短共働きであくせくしている日々の様子、買って良かった物の記録など。

働くことはずっと先のことだと思ってた

働くことってなんだろう?という答えに少しでも近づけるかな、と思ってこのマンガを手に取ってみた。

働きマン(1) (モーニング KC)

働きマン(1) (モーニング KC)

働きマン(2) (モーニング KC)

働きマン(2) (モーニング KC)

この2冊を読むまで、仕事って完璧にその仕事に対して共感してないとやっちゃダメなのかなって思ってたんだけど、(例えば、本屋さんなら「本って素晴らしいよね!」という考えが必要なのかってこと)そうでもないんじゃないかって思えた。仕事に疑問にぶつけながら、自分の考えを深めていく事もできる場所かもしれない、って思うことができた気がする。

でもまだ「その職業がしてることは本当に正しいことなの?」と考えてしまう仕事には就きたくないかな、と思ってしまう。日々葛藤しながら生きていくより、正しいと信じて生きていく方が十分楽だもんね。