ねぇジョニー聞いてくれ

1歳と3歳男子の育児の記録。時短共働きであくせくしている日々の様子、買って良かった物の記録など。

(4歳5ヶ月)(2歳2ヶ月)家を建てて引っ越そうと思う

現在「家を買おう!」という話が進んでいます。

マンション、建売なども見ましたが、結局は注文住宅を建てることにしました。

トータル約一年間かけて様々なところを巡り、見て悩み、結局ハウスメーカーと工事請負契約書(メーカー選定の仮契約)を結びました。

 

家を買おうと思ったきっかけ

・今の家が狭く、4人で快適に住める大きさではない

・フルタイム共働きなので実家のそばに住んで実家の援助を受けたい

 

この2点が大きな理由です。

今の家は40平米。部屋は2部屋しかなく、狭いリビングと3人分の布団を敷いたらギュウギュウの寝室しかありません。

同じ間取りで同じ広さのお隣さんは1人で住んでいますが、かたや我が家は4人家族…。

結婚した時に借りた部屋にずっと住んでいます。引っ越ししないの?とよく言われるのですが、これ以上大きな部屋に住むと家賃が厳しいので…。最寄駅が3線徒歩5分の生活はやっぱり便利よ!

 

あとは現在は実家から車で30分程度のところに住んでおり、数ヶ月に一回くらい単発で実家に子育てを手伝ってもらっています。(例えば、私が休日出勤等)

平日は子供達の起床前に仕事に行き、帰宅は夜ご飯を食べさせ終えた後、という夫。私がほぼすべての育児を担いつつ、約1時間の時短勤務で週5日間働いているのでもう少し実家の援助を受けたいのが本音です…。

それから子供たちが小学生になり、ぶらぶら出歩く時期になると親がフルタイムで朝から晩までいないのは心配かなと。

ということで、小学校が終わったら学童に行くか、祖父母宅で宿題をしたり、そこから習い事に行ったりできるような体制を取ろうと思ったのでした。

 

 どのタイミングで引っ越すか

保育園、幼稚園、小学校などに通っていると引っ越すタイミングが難しいです。

我が家は3歳差なので、

・長男…小学校1年生

次男…年少

というタイミングで引っ越す予定です。(あと1年半後)

もうそこしかないので、ちょっと早めに建てて確実にそのタイミングに引っ越せるようにする予定です。

 

保育園の転園はどうする?

保育園待機児童数 県内ワースト2位自治体の自治体に引っ越すので保育園は諦めました。(ちなみに今は待機児童数1位の自治体に住んでいます。)他にも色々理由はあるけど割愛。

そこで、19時まで預かり保育をやっている規模の大きい幼稚園が建築予定地と祖父母宅との中間地点にあり、どちらからも徒歩5分程度なので、そこに次男は入れる予定です。

預かり保育の日、祖父母宅に行く日、習い事に行く日、とバリエーションを付けてやっていく予定です。

 

学童問題もありますが、民間学童が複数あること、学校の帰り道に祖父母宅があること、を理由にクリアしたつもりです。たぶん大丈夫かな…?

 

子供が過ごしやすい家って?

現在はアパートの二階に住んでいます。扉を閉めたり、掃除機をかけたり、子供が走ったりするとかなり気を遣います。

なのでマンションより戸建を建てる計画です。

今はリビングと寝室の2部屋しかないアパートですが、2人の子供達にも1部屋ずつ子供部屋を作る予定です。

広々としたリビングにして、リビング学習もできるし、家族団欒もできるように計画中!

 

実家のそばに引っ越して通勤時間が長くなることを了承してくれた夫には感謝します。私が働き続けることを夫も実家も応援してくれて本当にありがたいな、と思ったのでした。

(4歳4ヶ月)(2歳2ヶ月)習い事でスイミングを始めた結果

昨年の9月から4歳の長男が習い事(スイミング)を始めたので、その経緯などを書き残しておこうと思います。

 

 

習い事を始めたきっかけ

月曜日から金曜日は保育園。土曜日と日曜日は保育園に行かず、お家で過ごす。昼寝もほとんどせず、やたらと元気で昼寝なしでも21時くらいまで起きている長男。

朝起きて土曜日や日曜日とわかった途端「今日はどこ行く?」「(ショッピングセンターの名前)に行こうよ」が口癖で、週末に長男の予定を埋め、それに付き合うことに疲れてしまった父と母。

 

習い事なら時間の隙間が埋まるのでは!?と気づいたのでした。

 

さらに、

保育園でプールをやる→終わっちゃった→もっとやりたかった→じゃあ習いに行くか

という流れもありました。

 

あとは喘息持ちなので、少しでもよくなったらいいな、と。

 

 

初めての習い事 本当に親と別れて習えるの?

3歳2ヶ月で保育園に通い始めた長男。母子分離したのはそのタイミングでした。最初はなかなか慣れず最初の1ヶ月半くらいは毎日泣いて嫌がっていました。

出かけた先でも、親がいなくなるとすぐに探し始め、迷子になることはないという親にべったりタイプの子です。

更にたくさん人がいると萎縮してしまう子です。

 

そんなタイプのため本当に親とバイバイして楽しくスイミングに通えるのか不安でした。

 

スイミングに通った結果

約10ヶ月通ってどうだったか。

・親と離れて楽しくスイミングに行けている(進級のタイミングで違うクラスになり最近は毎週泣いてますが)

・喘息になりにくくなった

・お休みの日のタイムスケジュールが埋まり、親の負担は軽減

・5秒以上潜ったり、ビート板を使えば浮くことができるようになった

 

 

本人も自分が自信を持ってできることが増えて、ちょっぴり自慢げて頼もしくなりました。

夏休みは市民プールに通ったり、プール付きのホテルに行ったりして楽しもうと思います。

習い事をさせてみてよかった!

 

 

(4歳4ヶ月)(2歳1ヶ月)ひらがなが読めるようになった過程の記録

この春、長男は年中さん(4歳児クラス)、次男は1歳児クラスになりました。

昨年度、長男の保育参加(保護者は先生役になってクラスの子と遊ぶもの)は私が行ったので、今年度は夫に行ってもらいました。

 

帰ってきた夫が一言。

「他の子はひらがなが読めるのにうちの子は読めない」

それがとても気になったようです。ひらがなが読める子に夫がどうやって練習したか聞いたそうなんですが「お父さんと夜に勉強してる」との回答があり、よし!俺もやろう!と奮闘してくれ3週間が経ちました。

 

その経過と結果を記したのがこちらの記事になります。

 

【実施前の識字状況】
・ひらがな…5つくらい読める 自分の名前すら読めない
・カタカナ、漢字…ひとつも読めない
・数字…18くらいまで読める
・英語…ほぼ読めないが英語が書いてある、と認識できる

 

【期間】約3週間(およそ週5回実施。眠い日、やりたくない日はやらなかった)

 

【実施方法】夜寝る前に今まで本を読んだりしていた時間を勉強タイムに変更した。

夫と長男のみ。約10分/回

 

【実施内容】

 

あいうえお でんしゃ じてん (視覚デザインのえほん)

あいうえお でんしゃ じてん (視覚デザインのえほん)

  • 作者: 視覚デザイン研究所,くにすえたくし,はるくゆう,さかいそういちろう
  • 出版社/メーカー: 視覚デザイン研究所
  • 発売日: 2016/07/03
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 この本(3歳のクリスマスプレゼント)を5文字ずつくらいに区切って読んだ。

「今日はあ行」「今日はか行」のような感じ。

日程の後半は似ている字やよく読み間違える字を集中講義。

 

※余談。こちらの本ですが「き」は2種類の字で書いてあり(3画目と4画目がくっついているor離れている)そこは大きなマイナスポイント。

ひらがなの本であれば、離れている方に統一して欲しかった。

 

【実施結果】

・4文字くらいまでの言葉であればだいたい読めるようになった。撥音便、促音便は練習中。

・文章を読むことは練習中。まだ1文を読めるほどの素早く読む力は無い。

 

だるまさんが

だるまさんが

 

・「だるまさんが」を1人でだいたい全部読めるようになったので喜んでいた。

 

 

わずか数週間でだいたいひらがなが読めるようになり、私も夫も驚きました。

やる気になってからの集中力、記憶力の高さが羨ましい限りです。

字が読めるようになると保育園で本を読む時間も楽しくなるだろうし、お店に行っても何が書いてあるかわかって世界が広がるだろうでしょう。

世界が広がり、また新たな興味を見つけた時に背中を押してあげられる存在になりたいと思います。

 

(4歳3ヶ月)(2歳0ヶ月)便秘すぎて嘔吐した話

一週間前に子供の便秘で大変な目にあったので、書き残しておきます。下の2歳なりたての子の話です。

綺麗な話ではないので、スルーしたい方は閉じてください。

 

約1ヶ月に渡る話なので箇条書きにしておきます。

 

・今まで…うんちは1日1回

・3月下旬から…うんちは1日1回だが、少量でコロコロうんち

・4月上旬から…うんちは2日に1回、少量でコロコロうんち

 

・4月某日…1日に何度も20分くらいかかていきんでコロコロうんちを3回する→夜になり1時間ほどいきむが排便なし→嘔吐を繰り返す→ようやく寝付くが、寝ながらいきんで排便なし→イチジク浣腸を入れる→10分後、固くなったウンチが取れる→20分後、大量の普通の硬さのウンチが出る!→親子共々ぐっすり就寝

 

翌日からは再度排便が3日なく心配しましたが、4日目に出て安心しました。

 

今回はイチジク浣腸に助けられました。

ちょうど夜間休日診療が閉まったタイミングで夜中だったので自己判断でイチジク浣腸を買って来て入れましたが、通常は嘔吐がある場合は入れてはいけないそうです。

イチジク浣腸は赤ちゃんから使えるものが売っていたのでそれを購入しました。

 

【第2類医薬品】イチジク浣腸10 10g×4

【第2類医薬品】イチジク浣腸10 10g×4

 

 毎日排便があれば、心配しなくて良い、と勘違いしていましたが、ウンチが硬くなって来た時点で小児科受診すべきでした。

今後はそうならないように早めに対処して行きたいと思います。

 

(4歳2ヶ月)(1歳11ヶ月)育休から復帰した年に何日有給を使ったか公開!

育休から復帰して約一年が経ちました。

 

どのくらい仕事を休んで一年間乗り切れたかを書き残しておこうと思います。今後ワーキングマザーになる方の参考になるかと。

 

【育休復帰時の子供の状況】

・11ヶ月…男の子 持病なし

・3歳3ヶ月…男の子 喘息あり

 

【育休復帰時の有給など】

・有給休暇…40日/年(残れば20日は翌年度に繰越可能)

・子供の予防接種や体調不良に使える休暇…10日/年

 

【今現在の有給などの残り】

・有給休暇…残り20日と1時間(繰越分を除くとあと1時間!笑うしかない)

 

・子供の予防接種や体調不良のときに使える休暇…残り0日(12月くらいに使い切りました)

 

※ちなみに3月末締め

 

という結果です。

有給の残りがあと実質あと1時間しかありません!旅行や遊びに行って有給を使った記憶が1度しかないので、ほぼ4月の慣らし保育と自分と子供の体調不良で使い切りました。

ちなみに10月からは病児保育を利用して出勤したのにこんな無残な状況です。夫が対応してくれたのは2日くらいだったので病児保育さまさま!

ちなみに慣らし保育のために4月で有給を7日間使ったのが痛かったです。もう少し自分の体のメンテナンスのために休みたかった…。

 

来年度こそは「自分のために月に1度は1時間でもいいので有給を取得する」という目標でやっていきたいと思います。1時間でもリフレッシュや休息や通院に当てるつもりです。

 

しかし急遽、自分が4月から異動することが決まったので最初はペースをつかむのが大変かと考えています。

また慣れるのに大変な日々になるかと思いますが、なんとかワーキングマザー2年目を乗り切ろうと思います。

(4歳1ヶ月)(1歳10ヶ月)登園禁止になった

2月に入り、保育園生活も約一年を迎え、ようやく免疫力がついてきて休まなくなってきたな!と思った矢先。

 

4歳の長男の右目が赤く、目やにがついていて、朝起きた時に目を開けるのも辛そう。

最近よくチンチンをいじっている長男。まあどうせチンチンを触った手で目をかいて赤くなったのかな、なんて思っていました。

 

ところが、小児科に行ったところ「流行り目ですね。完治するまで登園禁止」とのお達しが出たのです。

 

寝耳に水。

保育園のしおりを見たら、登園禁止の病気に流行り目(流行性角結膜炎)がありました。

まさか目の病気で登園禁止になるものがあるなんて頭の片隅にもありませんでした。

 

流行り目について調べると、これまた恐怖の文言がいくつも。

・登園できるまで2週間かかった

・登園できるまで4週間かかった

・治ったと思って目薬をやめたら視力が低下した

などなど。

 

長期戦を覚悟してしっかり治すことが重要なようです。

とりあえず、登園禁止1日目、2日目は病児保育で乗り切り(2日で約3万6千円…!)来週は私の実家にお泊まりさせることにしました。

登園禁止が解除されるまでずっと病児保育にお願いしたら破産しそうなので仕方ないですね。それでもほぼワンオペ育児をしており、有給も残りわずかな私には病児保育はありがたいことです。

 

それにしても2017年になってから、1月は次男水ぼうそう、2月は流行り目で登園禁止になっており、月一で登園禁止になるのはなかなか辛い…と思っています。

 

 

(3歳11ヶ月)(1歳9ヶ月)3歳ってこんな感じ

もうすぐ長男は4歳。

1歳半健診の問診票には「衝動的すぎて異常ではないかと思ってしまう」と書いた長男は3歳数ヶ月頃から落ち着いて座れるようになったり、手をつないで歩けるようになったり、お約束が守れるようになって来ました。つまり子育てが楽になってきた、と思えたのです。

3歳ってこんな感じだったよ!ということを記録しておこうと思います。

 

身長・体重

93cm 14kg弱

身長も小さいし体重も低いです。

あと数センチ身長が低いとホルモン療法などが必要になるレベルかと思いますが、今の所は体格面を指摘されることなく、ただ単に「あまり食べない細くて小さい子」ということになっています。

 

3歳にできるようになったこと

【生活面】

・一人で全部着替える(服の裏表、前後の間違いは多発)…3歳半前

・お風呂で自分で髪の毛や体を洗って流す…3歳半すぎ

・祖父母宅へのお泊り(両親不在)…3歳半

・お料理を手伝い、盛り付ける(サラダをちぎる、トングで盛り付け。量はバラバラだけど)…3歳すぎ

・苦手な料理も一口だけ食べてみる…3歳10ヶ月ごろ

・電車や飛行機に1時間乗ってじっとしている…3歳半ごろ

【言語面】

・要求や要望を泣いたり怒らないで、口頭で伝える…3歳10ヶ月ごろ

・「かして」「いいよ」が言える…3歳半ごろ

・10まで間違えずに数えられる…3歳すぎ

・30くらいまでなんとなく数えられる…3歳半すぎ

・物の数を正しく数えられる…3歳半ごろ

【運動面】

・壁倒立…3歳半ごろ

・キックボードやストライダーを乗りこなせる…3歳10ヶ月ごろ

【遊びの面】

・レゴで乗り物っぽいもの、家っぽいものを作れる…3歳半すぎ

・顔の絵を描く時に目を描くこともある…3歳半すぎ

 

数えたらきりがありませんが、色々できるようになりました。

特にできるようになったことは「要求を言語で伝える」ということです。

今までは嫌なことがあるとギャー!と大泣きしていましたが、今は「◯◯を持ってきてください」「◯◯してください」と落ち着いて言えるようになりました。

担任の先生にご指摘を受け、家庭でギャーと泣きながら要求をしたときに「泣かないで言おう。泣いているとわからないよ」と根気強く伝えたところ、言語で伝えられるようになりました。担任の先生には感謝感謝です。

 

他にも偏食屋さんでしたが少しずつお野菜が食べられるようになったりと頑張っているので、これからも見守っていきたいと思います。

 

最後に先日は長男が言っていた一言。

「結局さ、一番大事なのは愛なんだよ」

(大好きな担任の先生が読んでくれた絵本の受け売りのようです)